文部科学省選定 社会教育(教養) 青年・成人向き

横山善太監督作品 ドキュメンタリ—/日本/カラー/72分

第2回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル観客賞

 

失われゆく時間に想いを馳せたドキュメンタリー

結婚して50年になる老夫婦。

2人には静かな毎日があった。

そんな日々も少しずつ変化していく。

ある日、認知症だと言われたおばあちゃんと、

癌が見つかったおじいちゃん。

2人の介護に奔走する母親。

そしてカメラを通して現実と向き合う私。

孫の視点がとらえた、

儚い想いと小さな希望が交差する家族の姿。

おばあちゃんは、孫である私を忘れても、

おじいちゃんのことだけを心配している・・・。

 

私は、私のおじいちゃんとおばあちゃんを撮りました

この映画は、孫娘が5年間記録したビデオから生まれました。

短編映画を数多く監督してきた横山善太は、

前作「カヲリの椅子」(ショートストーリーなごや第1回映像化作品)で

認知症の女性を描いた経験を生かし、やわらかなテイストで、

日常にあふれるドラマを大切にして紡ぎました。

美しいピアノ曲と、ぽつりとこぼれる言葉の数々が、

人生で大切なことを掘り起こしていく、物語のようなドキュメンタリーです。

 

 

 

title Tender Moments  

Documentary / Japan / color / 72min  

 

MEXT(Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology)

Social Education(Liberal) Selection For Youth and Adult  

 

za-koenji documentary festival 2011 Audience Award Winner

 

Main characters are elderly couple. They were married 50 years ago.One day, the grandma became a dementia. After a while, the grandpa got cancer. They were loving each other,  but approaching the time of bereavement.

The granddaughter filmed her grandparents. Her grandparents was waning over time. And also, her mother had to care for two parents at the same time. The granddaughter endured a feeling of sadness, tried to record.

Director received the video tapes that has been recorded many memories. He caught the feelings of  them at first, and edited by an objective standpoint.

This film tells us that all people grow old and reach a sad farewell.

It's not simple documentary of care for old people, but real love story.